スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CA姿の綾瀬の前を観客素通り

お気の毒です。
女優としても複雑な心境でしょう。

 27日、日劇PLEX2で映画『ハッピーフライト』の大ヒット御礼舞台あいさつが開催され、主演の綾瀬はるか、矢口史靖監督らが出席した。

 この日は舞台あいさつ前に、CA役として映画に出演したキャストたちがANAの歴代制服に身を包み、劇場入口で来場者をお出迎えするというイベントが開催され、主演の綾瀬も芦田淳デザインによる7代目(1982~1990年)の制服姿でスタンバイしていた。しかし、綾瀬のCA制服があまりにハマっていたため、来場者のほとんどはそこに立っているのが主演女優本人だと気づくことなく、綾瀬の前を次々と素通り! 心配されていたパニックが起こらなかったのは幸いだったが、あまりのスルーっぷりに、思わず苦笑してしまう綾瀬だった。

 もちろんその後、舞台あいさつに綾瀬が登場すると、客席からは大きな歓声が。劇中とは別デザインの制服を着た感想について綾瀬は「非常にフィット感があって動きやすい。それにお上品ですよね」とコメントし、矢口監督から「もう少し帽子を上げたほうが、顔がよく見えるよ」と指摘されると「これが規定なので!」と見た目よりも決まり事を優先させるまじめな一面がうかがえる一幕もあった。今回、さまざまなルールに従いながら働くCA役に挑んだ綾瀬だが、すっかりCAとしての姿勢が身についたようだ。

 『ハッピーフライト』は映画『ウォーターボーイズ』、『スウィングガールズ』などのヒット作で知られる矢口監督が、約2年の歳月をかけて航空業界を取材し完成させた話題作。ANAの全面協力により、実際に運航しているジャンボジェット機を借り切って撮影された。

映画『ハッピーフライト』は全国東宝系にて公開中
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081128-00000008-flix-movi

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。