FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空メールならぬ空電 本格展開

空電ですか。
最初はなんのことかちっともわかりませんでした。

まさか電話をかけるだけでそんな情報がとどくなんて....。
盲点でした。

頭いいですね。
ナイスアイディアです。

これでますます携帯が便利になりました。

株式会社エヌ・ティ・ティメディアクロス(NTT メディアクロス)は、雑誌、新聞、テレビ、ラジオ等各種メディアやコールセンターで紹介される広告等の詳細情報を簡単に取得する仕組みとして、クロスメディアツール「空電(からでん)」を開発し、2008年11月1日から試験運用をしてきたが、2009年6月9日、同月15日より本格サービス展開すると発表した。

このサービスは、広告などの詳細情報を携帯電話用インターネットサイトで閲覧する際に、URL の入力や二次元バーコードの読み取りといった煩雑な作業を行うことなく、「電話をかける」だけで携帯サイトの URL などをメールで受信できるクロスメディアツール。

今回、NTT ドコモ、au、ソフトバンクの携帯3キャリアに対応し、流通している携帯電話端末の90%以上にあたる 9900 万台以上の端末をカバーすることが可能となった。

このサービスは携帯電話からのダイヤル接続により、自動的にその携帯電話に対してショートメッセージ(SMS)を返信する機能を有する。

従来は、携帯電話利用者が携帯サイトを閲覧する場合、メールアドレス、URL、検索キーワードなどの入力や、二次元バーコードの読み取りを行う必要があったが、各種メディアに記載された10桁の電話番号をダイヤルするだけで、このシステムから送信される SMS に記載の URL 等へアクセスが可能となり、煩わしい操作が不要となる。

また、この SMS の受信時にかかる携帯電話利用者の通信料は、サービスを活用する企業が負担するため、一切かからない仕組みとなっている。

クーポン券の配布、待ち受け画面の配信なども可能なため、各種メディア企業、広告出稿企業も様々なシーンで利用できる。

コールセンターにおいては、利用者に電話番号を伝えるだけで、携帯サイトへ誘導することが可能になり、さらなる販売促進の実現や運営コストの削減の効果が期待できる。

本格サービス展開に合わせて、株式会社ニッセンのコールセンターにおいて採用。カタログショッピングのコールセンターで対応する顧客に、オペレーターが空電の電話番号を案内することで、インターネット会員登録用のサイトへ誘導できる。

空電は、電話番号を掲載する企業が利用料を負担する事業モデルを採用。アクセス数に応じて課金する料金体系となる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090609-00000040-inet-inet

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。