FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BOOMカバーアルバムに民生ら

ところで小田さんって還暦を越えていたんですね。
知りませんでした。

 デビュー20周年を迎えたロックバンド、THE BOOMのトリビュートアルバムに豪華ミュージシャンが参加することが7日、分かった。7月22日発売の「THE BOOM 20th SPECIAL COVER ALBUM」で、最年長の小田和正(61)を始め、奥田民生(43)、絢香(21)らが各世代を代表し、ブームの楽曲をカバーする。

 20年間で築いた“音楽の輪”が今、1つの形となる。節目を記念したプロジェクトに、豪華アーティスト陣が加わった。

 まさに異例のメンバーがそろった。20代から60代まで各世代を網羅。最年長は61歳の小田だ。ブームとは2005年に開催された大阪のラジオ局「FM802」のイベントが初対面。そのとき、小田と矢野顕子(54)がデュエットした「中央線」を同じコンビで再現する。

 一方で、かつてブームと矢野がコラボして発表した「釣りに行こう」は、若手デュオのキマグレンがカバー。また、矢野と坂本龍一(57)の娘である坂本美雨(29)も参加。ブームのボーカル、宮沢和史(43)と同い年で80~90年代の「バンドブーム」を支えた民生や、BEGINら音楽ジャンルもバラエティーに富んでいる。

 最年少の絢香は自分のライブでブームの「風になりたい」をカバーするなど大ファンを公言しており、「緊張したり、迷ったりもあると思いますが、大好きな曲を大切に歌いたいと思います」とコメントを寄せた。

 20周年イヤーに合わせて、昨年9月に3年ぶりに再始動したブーム。今月20日には7年ぶりのシングル「夢から醒めて」と、ベストアルバムを同時発売する。今秋には5年ぶりのオリジナルアルバムを発表するが、ありきたりの活動だけではつまらない。「面白いことをやろう」と構想を練って半年、22組のアーティストに呼びかけて今回のアルバム制作が決まったという。

 宮沢は「若い人から大先輩まで、いろいろな方が参加してくれて、本当に楽しみです」と感謝。返す刀で「このメンバーで、できることならライブがやりたいと思う」とブチ上げた。音楽界全体を巻き込んで新たな“ブーム”を作り上げる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090508-00000036-sanspo-ent

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。