FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪招致 東京の調査始まる

誘致できるんでしょうか。

 昭和39年の東京オリンピックで、聖火を点火したトーチが開会式の舞台となった国立競技場(新宿区)に45年ぶりに帰ってくる。2016年オリンピック・パラリンピック東京招致活動応援イベントの一環として、18日午後7時から行われるサッカーJ1・FC東京とジェフユナイテッド千葉戦のキックオフ前に、ソウル五輪金メダリスト、鈴木大地さんがトーチを掲げて聖火台に火を灯し、五輪招致をアピールする。

 トーチは火を灯すアルミのパイプと、ホルダー部分からなり、東京オリンピック最終聖火ランナーだった坂井義則さんが聖火台で聖火を点火後、大切に保管していた。焦げ跡の残るアルミのパイプは再使用できないため、トーチホルダーに新しいアルミパイプを装着して使用する。

 坂井さんは思い出の詰まったトーチが再び聖火台で火を灯すことに「オリンピック招致に少しでも協力できるならうれしい。これで当時のよき時代も思い出してほしい」と話す。

 聖火台点火式はFC東京が国際オリンピック委員会評価委員会の来日に合わせて企画。国立競技場が45年前の開会式会場だったことから、オリンピックメダリストによる聖火点火を再現することにした。

 大役を担う鈴木さんはソウル五輪の水泳100メートル背泳ぎ金メダリスト。「当時使用したトーチで点火できるとは非常に光栄。『東京でオリンピックを』という国民の気持ちをIOC委員や世界の人々に灯火できれば」とコメントしている。

 FC東京の小林伸樹運営部担当部長は「45年前のトーチを使えるとは思ってもいなかった。偶然、Jリーグ関係者を通して坂井さんにお会いでき、トーチの使用を快諾してくれた。オリンピック招致に向け、希望の火を灯したい」と話している。

 当日は聖火台点灯のほかに、オリンピック招致パンフレットや招致バッジを配布するほか、PRブースでは応援のぼりに招致に向けたメッセージを書いてもらう予定。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090416-00000517-san-soci

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。