スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3分野集中 首相が「未来戦略」

どうなんでしょうね。
それよりも解散してください。

 麻生太郎首相は9日、日本記者クラブで記者会見し、新たな経済成長戦略「未来開拓戦略」を発表した。環境など3分野への集中投資で2020年には国内総生産(GDP)を、現在より120兆円押し上げ、400万人の雇用を創出する。とりわけ今後3年間は40兆~60兆円の需要と140万~200万人の雇用創出を目指す。首相は10日、財政支出規模15兆円の追加経済対策を表明するが、こちらは短期の対策なのに対し、9日発表した成長戦略は中長期の構想と位置づけている。

 3分野は、環境技術を生かした「低炭素革命」▽医療、介護の人材や施設を充実させる「健康長寿社会」▽アニメなどの産業の輸出を育てる「日本の魅力発揮」。

 首相は「新たな技術と社会システムの変革で地球温暖化を克服するのが低炭素革命だ」と強調し、(1)太陽光発電の規模を20年に現在の20倍にする(2)20年に新車の2台に1台をエコカーにする--などの構想を打ち出した。

 社会保障では、介護職員の待遇改善や施設整備で現在130万人の介護職員を今後3年間で30万人増やし、20年には220万人にすることを目標に掲げた。また、海外でも人気の高いアニメなどのコンテンツ産業の販路開拓などを支援し、「20年には20兆~30兆円規模の一大産業に育成し、50万人の新規雇用を創出したい」と述べた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090409-00000026-maip-pol

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。