スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米 セスナ侵入しテロ警戒騒ぎ

また人騒がせなことをするものです。

 カナダで盗まれたセスナ機が米国に侵入したために、北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)がF16戦闘機を出撃させる騒ぎが起きていたことが7日、分かった。セスナを操縦していた男には自殺願望があり、「撃ち落としてほしかった」と供述しているという。

 NORADなどによると、セスナ機は6日夕、米ウィスコンシン州に侵入。2機のF16戦闘機が出撃し、誘導しようとしたが、操縦していた男は呼び掛けを無視。6時間以上にわたり飛行し、ミズーリ州の道路に着陸した。

 米メディアによると、男は31歳のトルコ系カナダ人で、不法入国の容疑で逮捕された。セスナはカナダの飛行訓練学校で盗まれた。ウィスコンシン州都庁舎では、セスナの自爆テロを警戒して、職員が一時避難したという。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090408-00000031-jij-int

スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。